PADIダイブマスターコース

 



【PADI ダイブマスター コース 】 DM


PADIダイブマスターは、プロコース最初のステップです。 ダイビングの知識とスキルをプロのレベルまで高め、ダイバー達のリーダーとして、海の尊さを多くのダイバー達に伝えることができます。
ダイブセンターやリゾートで勤めたい方やステータスを獲得しスキルアップを目指す方など、あなたの夢を 叶えるため、PADIダイブマスター・コースに今すぐチャレンジしましょう!!


参加条件
・18歳以上であること
・ログブックに最小限40回のダイブが完了していること (認定には60回のダイブが必要)
・PADIアドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー、または、それに相当する資格を有していること
・PADIレスキュー・ダイバー、または、それに相当する資格を有すること。
過去24ヶ月以内にEFR取得していること、又は更新していること(一次、二次ケア・トレーニング)
・ダイビングに適した体調であるか診断し、医師の署名の入った病歴/診断書(12カ月以内)
 ※ メディカルガイド(医師用ガイドライン)を医師にお渡しください。

コース期間 : 2~3カ月(講習時間は、候補生によって異なります) ※実働8日程度
コース費用 : ¥132,000-(税込み)

● 含まれない費用
・教材費 ¥51,383ー(税込み) <ダイブマスター・デジタル・クルーパック>
・補助教材 ¥5,123-(税込み) <ダイビングナレッジワークブック> ※推奨教材
・現地実費(毎精算)
  シリンダー ¥1,600(税込み)/1本
  ボート乗船 ¥3,600(税込み)/1ボート(シリンダー込み)
  ナイト   ¥5,600(税込み)/1ダイブ(シリンダー込み)
  漁業協力金 ¥500(非課税)/1日毎(潜水日のみ)
・レンタル器材費用

● コース終了時
・ナイトダイブ、ディープダイブ、ナビゲーションの経験が必要です。
 万が一、経験及び潜水本数が60本に達していない場合、現地実費を申請基準に満たすまで適用します。
・申請料 ¥26,994-(税込み)
・年会費 ¥28,270-(税込み)
・損害賠償責任保険料  ~¥18,500-(非課税) ※申請月により変動

● コース内容

※※※ 知識開発 ※※※
トピック1 「PADIダイブマスターの役割と資質」・・・・・・すべての水中セッションの前までに
トピック2 「認定ダイバーの監督」・・・・・・・・・・・・実践評価の前までに
トピック3 「生徒ダイバーのアシスト」・・・・・・・・・・実践評価の前までに
トピック4 「ダイバーの安全とリスク・マネージメント」
トピック5 「ダイブマスターが実施できるプログラム」・・・ダイブマスターが実施できるプログラムのワークショップの前までに
トピック6 「特殊スキルと活動」
トピック7 「ダイビングビジネスとキャリア」
トピック8 「ダイビング環境への意識」
トピック9 「潜水理論の復習」

PADI The Encyclopedia of Recreational DIVING(PADIのレクレーショナルダイビング百科事典)を利用し以下を学習
第1章アンダーウォーターアドベンチャー
第2章海洋の惑星
第3章ダイビングの器材
第4章物質世界でのダイビング
第5章ダイバーの生理学

ダイビングポイントで発生したダイビング事故を管理するための緊急アシストプランの作成
※「マニュアル」と「ビデオ」を使って事前学習。
自習、プレゼン、ディスカッションの組み合わせで実施。各トピックのナレッジリビューの答え合わせ。トピック9の後、ダイブマスターファイナルエグザム(パート1・パート2)を実施し合格する。
※ 知識開発はeラーニングにて行います。

※※※ 水中スキル開発 ※※※
【 水中スキル実習 】
実習1 「400m水泳」
実習2 「15分間立ち泳ぎ」
実習3 「800mスノーケルスイム」
実習4 「100m疲労ダイバー曳行」
実習5 「器材交換」

【 ダイバーレスキュー 】
限定もしくは海洋で実施

【 ダイブスキル 】
ワークショップ
24スキルのデモンストレーションレベルへの開発と評価(スキンダイビングスキルも含む)

※※※ 実践応用 ※※※
【 水中スキル実習 】
スキル1 「ダイビングポイントでのセットアップと管理」
スキル2 「水中地図の作成」
スキル3 「ブリーフィング」
スキル4 「サーチ&リカバリーのシナリオ」(SP資格保有者クレジット可)
スキル5 「ディープダイビングのシナリオ」(SP資格保有者クレジット可)

【 ダイブマスターが実施できるプログラムのワークショップ 】
ワークショップ1 「ReActivateプログラム」
ワークショップ2 「スキン・ダイバー・コースとスノーケリングの監督」
ワークショップ3 「限定水域でのディスカバー・スクーバ・ダイビング・プログラム」
ワークショップ4 「ディスカバー・スクーバ・ダイビング・プログラムの追加のオープンウォーター・ダイブ」
ワークショップ5 「オープンウォーターでのディスカバー・ローカル・ダイビング」

【 実践評価 】
実践評価1 「限定水域でのオープン・ウォーター・ダイバー・コース生徒」
実践評価2 「オープンウォーターでのオープン・ウォーター・ダイバー・コース生徒」
実践評価3 「オープンウォーターでの継続教育生徒ダイバー」
実践評価4 「オープンウォーターでの認定ダイバー」・・・・・実際の認定ダイバーのみ

【 プロフェッショナリズム評価 】
実践応用終了までに

 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

【ポレポレのDMプラスコース】

● PADIスノーケルガイドコース (2日間~)
 申請料 ¥11,550-(税込み)
 教材   ¥1,940-(税込み) ※SG用スレート

● DSDリーダーコース (DM認定後、最短インターンシップ4回~)
 申請料  ¥5,654-(税込み)
 シリンダー¥1,600ー(税込み)/1本

※ 現地実費の追加費用と、プラスコースの申請料(SGは教材含む)のみで取得可能。
※ 継続希望の方は、DMコース終了までに参加の意思をお伝えください。

 

~ ~ ~ ~ ~ ~ ダイブマスター合宿 ~ ~ ~ ~ ~ ~

参加条件
・上記のDM参加条件に加え、8日以上(又は平日4日~×2回)滞在できる方

コース費用 : ¥93,500ー(税込み)

※ DM合宿参加者のプラスコースは、スノーケルガイドコースのみ上記内容で可能です。
DSDLコースは別途コース費が必要となります。

【大学生の方や、リモートワーク主体で平日に時間調整できる方、その他長期滞在可能な方におすすめです。】


 

********NEXT CHALLENGE********

★ PADIダイブマスター DSDリーダー ★

★ インストラクター開発 コース (IDC) ★
● PADI アシスタント インストラクター ●
● OWSI プログラム ●