PADI スペシャルティ・ダイバー コース (SP)
¥4,300~  (SPにより異なります)
実施日数・・・1日~ (SPにより異なります)

料金に含まれるもの・・・申請料・消費税
料金に含まれないもの・・教材費・トレーニング費用・ダイビング費用・レンタル器材・交通宿泊費
            (トレーニング費用は1ダイブにつき¥3,000となります)

   例1)  ボートSP(海洋2ダイブ)
            ¥15,000(2ボートダイビング費用)
            ¥ 6,000(2ダイブトレーニング費用)
            ¥ 4,300(申請料)

   例2)  エンリッチド・エアー・ダイバー SP(学科のみ)
            ¥29,000(教材費・講習費・申請料・消費税)

           ※¥ 3,200(海洋実施時のEANxシリンダー費用)
           ※¥15,000(海洋実施時の2ボートダイビング費用)

         注)※は任意です。現地にてダイビング利用時の追加料金一例となります。

こんな方にお勧め!!
「ADV・AOWでチャレンジしたコースで自立したい」
「MSDを目指している」
「色々なダイビングにチャレンジしたい」
「プロレベルも視野に含んでいる」

スペシャルティ・ダイバーとは
まだ経験していない特定の分野での基本的なダイビング(例えばディープダイブやボートダイブなど)
の仕方(計画、マナー、トラブルの予防)や、使ったことがない初めての器材
(例えばドライスーツや水中スクーター、水中カメラなど)の使い方などのノウハウを身につけ、経験と楽しみの幅を広げることを可能にするのがスペシャルティ・コースです。

「スペシャル」といっても、スペシャリストを育成するわけではありません。
ある特定(=スペシャル)の分野で、そのコースで学んだ知識とスキルを応用して、
受けたトレーニングと経験の範囲内で、監督者なしで、その特定のダイビングをすることが
できるようになります。

「アドベンチャー・ダイバー・コース」
「アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー・コース」でのアドベンチャーダイブでは、
それぞれ特定分野のダイビングを経験し、試すことができますが、
スペシャルティ・コースではそれに加え、その特定の分野において
自立したダイバーになることを目的としています。

「認定条件」
選択SPにより異なります。
詳しくはスタッフにご質問ください。
認定にはSPインストラクターの申請証明が必要です。スキルによっては
お取り扱いが難しいものもございます。あらかじめご了承ください。


基本スキルを磨くならこのスペシャルティ
○水中ナチュラリスト ○水中ナビゲーター           ○器材(エキップメント
○ボート・ダイバー  ○ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー ○ドライスーツ・ダイバー
○PADIレクリエーショナル・サイドマウントダイバー  

遊びのコツをマスターするならこのスペシャルティ
○プロジェクト AWARE (環境保護)○AWAREサンゴ礁の保護     ○AWARE魚の見分け方
○水中フォトグラファー       ○デジタル水中フォトグラファー ○水中ビデオグラファー
○ダイバー・プロパルジョンビークル(水中スクーター)   

活動範囲を広げたいならこのスペシャルティ
○ナイト・ダイバー  ○ディープ・ダイバー         ○マルチレベル・ダイバー
○ドリフト・ダイバー ○アルティチュード(高所)・ダイバー ○エンリッチド・エア・ダイバー
○サーチ&リカバリー ○レック(沈船)・ダイバー      ○アイス・ダイバー
○PADIエマージェンシー・オキシジェン・プロバイダー